中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


リニューアルオープンした東京凮月堂ー銀座本店

[滅紫] 2017年9月27日 09:00

100_2521.JPG

9月13日にリニューアルオープンした東京凮月堂に久しぶりに寄ってみました。2階で軽くランチをいただくことに。窓際の席に案内されたので中央通が真下ですが通りの喧騒が全く聞こえない別空間。サンドイッチは2種類を選ぶことができそれぞれクロワッサンにサンドされています。

100_2520.JPG

 

東京凮月堂は明治5年(1872)の創業で今年創業145年にもなる老舗です。暖簾分けを受けた番頭の米津松造は研究熱心・アイデア豊富な人で日本で最初の貯古齢糖(チョコレート)を製造販売し、その後もビスケットを明治9年(1876)第一回の内国勧業博覧会に出品しています。

 

ビスケットに「乾蒸餅」と漢字の名前を宛てられたのには不満だったとか。その後もサンフランシスコに菓子製造法の勉強に行った長男からのレシピでシュークリーム・マロングラッセ・マシュマロなど文明開化の匂いのする当時の日本人が初めて見るハイカラな洋菓子を次々と考案・発売しました。明治10年には現在の銀座6丁目に移り、こちらではフランス料理も始めカレーライス・オムレツ。ビフテキなどハイカラ料理を8銭均一で提供しています。山本博文先生の「明治の金勘定」によると明治35年にカレーライスは5~7銭で換算すると今の値段で約1000円から1400円、ということは明治10年の8銭は結構高価ですね。5年後には創業150年になる凮月堂さんで「再現!創業時のハイカラ料理」が頂けると楽しいですね。そうそう「凮月堂」さんの店名は寛政の改革で知られている松平定信から自身の雅号を賜ったものだそうです。「凮」という字は「風」の*古字で現在凮月堂にしか使われていません。*古字―昔使われた文字や書体。現在は用いられていない

 

東京凮月堂 銀座本店

銀座2-6-8 電話3567-3611

10時―22時

 

 

85周年を迎えた二代目時計塔―銀座和光

[滅紫] 2017年9月25日 16:00

100_2519.JPG 100_2517.JPG

現在、銀座のランドマークタワーとして知られている和光の時計塔が完成したのは昭和7年(1932)6月10日「時の記念日」のことです。設計は建築家の渡辺仁(1887-1973)第一生命館、旧日劇などの設計でも知られています。この時計塔が出来るまでの初代の時計塔をご存知でしょうか?初代の時計塔は明治27年(1894)に完成。

img_002.jpg

当時の朝野新聞社の社屋跡地を和光の前身、服部時計店の創業者・服部金太郎が買い取って造られたものです。設計はアメリカ帰りの建築家・伊藤為吉です。伊藤為吉は発明家としても有名で特許を70も取得、当時「和製レオナルド・ダビンチ」と云われていたそうです。舞台美術の伊藤憙朔、演出家の千田是也は息子さんです。昭和29年(1954)6月10日からウエストミンスター式のチャイムが時を告げ、平成21年(2009)には経産省より「近代化産業遺産」に認定されています。

 

さてクイズです。

問題1時計塔の地上からの高さは?

問題2時計塔の高さは?

問題3長針の長さは?

 

解答は和光のHPをご覧ください

 

現在ブライダル・フェア実施中で「ブライダル・フェア中、ブライダル商品を15万円以上お買い上げの方はご希望により時計塔の前で写真撮影ができます。10月1日まで」

 

 

 

10月中旬ー11月開催 セミナーのご紹介  ~ 白鶴 銀座スタイル ~

[rosemary sea] 2017年9月25日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をクォーテーションして取材します、 rosemary sea です。

 

白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、繰り返しのご説明となりますが、ここ銀座から日本酒のあるライフスタイルを発信することを目的として設けられました。

2006年以降、主に日本酒に関する様々なセミナーを開催されています。

教室がイメージできます過去記事、「セミナー教室はこのようになっております」はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4353.html

今回は現在募集中の10月中旬ー11月セミナーを3つご紹介します。

今回も白鶴酒造株式会社 白鶴 銀座スタイル 福本さんにお世話になりました。

 

それでは・・・

相撲①.jpg 相撲②.jpg

日本酒を片手に、相撲の魅力に触れる

大相撲×日本酒 コラボセミナー

10月18日(水)開催

  講師:出羽海(でわのうみ)親方

  参加料:5,000円(国技館の幕の内弁当・大相撲グッズのお土産付)

  時間:18:45~20:15

  応募締切:10月4日(水)

今回のテーマは「国技と国酒」。

元幕内・小城ノ花(おぎのはな)の出羽海親方が講師です。

角界の名門、「出羽海部屋」を率いています。

父も元関脇、弟も元小結という相撲一家でした。

親方に大相撲・お酒についてクロストーク形式でお話を伺います。

角界のこぼれ話など他では聞けないお話を、日本酒を味わいながら楽しめる大変貴重な機会です。

 

マナー①.jpg

粋に日本酒をたしなむ「大人の酒席マナー講座」

風呂敷包みレクチャー付

マナー②.jpg10月26日(木)開催

  講師:マナー講師/利き酒師

  磯部らん先生

  参加料:5,000円(お弁当・

  風呂敷包みの日本酒付き)

  時間:18:45~20:45

  応募締切:10月11日(水)

日本酒と付き合っていくうえで大切にしたい、酒席のマナー。

また、食事の席での美しい立ち居振る舞い。

それらを学ぶ機会ってそうそうないですね。

この講座ではこれらを、実演を交えながら学ぶことができます。

徳利の扱い方や箸の使い方などの基本マナーをはじめ、日本酒瓶の風呂敷包みにもトライします。

また、レクチャーされ風呂敷で包んだ日本酒は、そのままお土産としてお持ち帰りすることができます。

季節のお弁当と日本酒を堪能しながら大人のマナー講座で学びませんか?

 

小仕込み①.jpg

小仕込み②a.jpg 小仕込み③a.jpg

<全2回シリーズセミナー>

銀座生まれ、銀座育ちの日本酒で乾杯

11月7日(火)と11月21日(火)開催

  講師:白鶴銀座天空農園 農園長 小田朝水(おだ あさみ)さん

  参加料:2回分で5,000円(お弁当・お土産付)

  時間:各日とも18:45~20:15

  応募締切:10月23日(月)

8月3日にご紹介しました9月開催の同セミナーでもご説明しましたとおり、銀座で日本酒づくりを見学できる特別セミナーです。

銀座の白鶴酒造さんの東京支社ビル屋上にて栽培された独自開発米「白鶴錦(はくつるにしき)」を使い、清酒になるまでの過程を見学します。

更に、お客様自身でろ過したお酒を特別弁当とともに味わうこともできます。

こちらも人気のセミナーです。

 

 内容に若干の変更ができる場合があります。

 応募者多数の場合は抽選となります。

 (どのセミナーも人気です。抽選になる確率が高いです。)

 詳しくは文末に示しましたホームページをご覧ください。

 

白鶴ビル外観a.jpg白鶴 銀座スタイル

(HAKUTSURU GINZA STYLE)

銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

【お問い合わせ】

電話 03-3543-0776

9:00~12:00 ・13:00~17:00

(土日祝除く)

詳細・セミナー応募先はこちら

http://www.hakutsuru.co.jp/g-style/

 

 

ISHIYA銀座の極上白い恋人★銀座シックス

[まぴ★] 2017年9月24日 14:00

銀座シックスにあるISHIYA GINZAのラングドシャのお菓子は、
午後に行くとほぼ売り切れていてなかなか買えません。

 

先日友人にそのお店の話をしたところ、
銀座に用事があったついでに午前中に整理券をもらい、
なんと私の分まで買ってきてくれました。

 

「ちょっと美味しい白い恋人」くらいに思っていたのですが

想像の域を遥かに超えていました。

 

普通の白い恋人でも十分美味しく、北海道では人気のお菓子ですが、
私がもらったこの「saqu」という名前のお菓子は
6つの味が3枚ずつ入っていていて、色んな味が楽しめるのです。

 

RIMG4062.JPG

 

北海道チーズ、北海道ワイン、ビター、
ジャンドゥーヤ、ハイミルク、抹茶ミルク。
どれも美味しいのですが、とくに北海道ワインは
赤ワインの味がしっかりしているのに、
甘すぎず、とても上品な味わいでした。

 

ラングドシャのキメの細かさとしっとり感もすばらしく
白い恋人ファンの人には絶対に食べて欲しい逸品です。

 

ISHIYA GINZAのホームページ

 

 

 

銀座で無料エステ体験は如何ですか?-Panasonic Beauty SALON銀座オープン

[滅紫] 2017年9月23日 14:00

100_2516.JPG

パナソニックが東京で初めてオープンしたBeauty SALONです。美容院ではなくて

美容家電を使ったエステを無料で体験できるサロンです。9月15日にみゆき通りに開いたサロン、1週間目にお邪魔してみました。基本的には予約制なのですが、ウイークデイで余裕があったので体験できることになりました。ラッキー!

 

まずは1階奥の「スノービューテイミラーによる分析」、「スノービューテイミラー」というネイミングがいいですね。「鏡よ、鏡」白雪姫になったつもりで鏡の前に。表示位置が決まったところでパチリ。分析が始まります。「しみ・しわ・毛穴・透明感・ほうれい線」「よい」から「悪い」まで5段階表示。結果は?内緒です。

 

分析結果のカウンセリングによりおすすめ機器が提示されます。私は保湿スチーマーと化粧品浸透のイオンエフェクターを試させてもらうことにして、2階へ案内されました。鏡とタブレットの前に家電が置かれています。私はこの後ランチの約束があり、化粧を落とすのには抵抗がというより面倒だったのですが、誘惑には勝てず、イオンエフェクターを試してみました。タブレット画面に使い方が表示され指示通りにやってみると何とも気持ち良い。担当スタッフの方の「お上手です」にも乗せられ、いい気分です。落としたお化粧は?心配ご無用。コスメビュッフェにファンデーション類が揃っていて自由に使えます。次回は予約して1時間の個室でのエステを試したいと思います。

 

目下「温冷スチーマー」OR「イオンエフェクター」を購入しようか迷っているところです。ヘアードライヤーもあり、製品の購入も可能です。

 

WEB予約url; http://pbsalon-ginza.resv.jp/ 

Panasonic Beauty SALON 銀座

銀座5-5-9 電話6280-6691

11時―20時 無休

http://panasonic.jp/beauty/salon.html

 

 

 

幻想的な国々のイラスト展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月22日 12:00

gokan001.JPG

銀座2丁目にある画廊、ギャラリー銀座で、オリジナル都市名国名国旗イラスト展が開催されています

gokan002.JPG

呉 冠緯氏によるイラスト展~幻想的な国々へ~」です

gokan003.JPG

呉氏にとって、初めての個展だそうです

gokan004.JPG

会場には、オリジナルな50か国の作品が展示されています

gokan005.JPG

すべて呉氏創造された都市名国名、そして国旗イラストです

gokan006.JPG

地球上に存在しない国を、呉氏都市名国旗まで創造して作品にされています

地形色彩組み合わせ美しいです

gokan007.JPG

また、国名都市名がいかにもありそうな名前であることも、現実と空想の間で、幻想的な雰囲気を醸し出しています

gokan008.JPG

開催期間は、9月19日)から25日)までです。

時間は、午前11時から午後7時までで、最終日のみ午後5時30分までとなります。

ギャラリーは、2階です

gokan009.JPG

ギャラリー内での写真撮影および取材について、呉氏のご了解とご協力をいただきました

ありがとうございます

gokan010.JPG

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

 

 
<<前のページへ 1234567891011