中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事

Room For CakeーNiinaさんのお店ー

[小猿] 2019年2月14日 12:00

戦災を免れた築地の一角、築地場外市場や勝鬨橋の近くに「Room For Cake」はあります。そこだけパリの小さなケーキ屋さんのようです「ケーキのための部屋」? 何ておしゃれな店名!と、デザイナーでケーキデコレーターの石橋にい奈さんに伺うと「お菓子は別腹」なのだそうです。お腹の中の部屋だったんですねー

写真 2019-02-07 12 01 03.jpg 写真 2019-02-07 11 57 51.jpg

 

にい奈さんのお住まいは隣の明石町、お子さんが小さいのでお店は近くに、と3年前にここにオープンされました。以前ドイツに住んでいた時に、フランスにも行かれてたそうで、お店もパリのイメージです

写真 2019-02-07 12 00 07.jpg 写真 2019-02-07 11 57 03.jpg

 

お店のお奨めはお母様の名前を付けた「マダム・ジュンコ」 レモンが香るさわやかなチーズケーキです

写真 2019-02-07 11 55 49.jpg 写真 2019-02-07 11 55 56.jpg

 

アイシングクッキーや大きなデコレーションなどオーダーで作ってもらえます。

写真 2019-02-07 11 57 10.jpg 写真 2019-02-07 11 56 39.jpg 写真 2019-02-07 12 00 22.jpg

 

ご存じ波除神社の獅子頭も神輿の上ならぬケーキの上に鎮座していました

写真 2019-02-07 12 00 18 (1).jpg

 

持ち帰ったアップルパイ、ピンクに染まった紅玉リンゴがぎっしり、パイの上にはクマさんが乗ってます。手つくりのあたたかさと確かなプロの技、美味しくておしゃれなケーキ、皆さんもお家でパリを召し上がって下さいりんごりんごりんごりんごりんご

写真 2019-02-07 19 19 41.jpg 写真 2019-02-07 19 17 48.jpg

 

Room For Cake by Niina

〒104-0045  中央区築地7-15-7  Tel:03-3547-6221

営業時間 10:30~16:00   定休日 日曜、水曜、祝祭日

Email: info@cakebyniina.com

 

 

スイーツコレクション、今年の目玉は・・・

[にゃんボク] 2019年2月13日 13:00

バレンタインと言えば、以前は"女性が男性に告白する日"との「甘ずっぱい」イメージが強かったと思いますが、最近では
・女性が自分へのご褒美にする
・女性同士で(高級)チョコ等のお菓子を贈りあう
・なぜか男性が女性にチョコを買わされる、どさくさに紛れてバッグなども買わされる
・おじさんがイベントに紛れて自分で食べたいチョコを買う
など、「甘い」だけではない味のバラエティの増加さながら、楽しみ方/搾取のされ方も多種多様になっていると感じます。

その為、世界各国のチョコレートを買うイベントも、「バレンタイン」ではなく、「スイーツコレクション」や「サロン・ド・ショコラ」と銘打ち、かなりの甘党であってもブランドを追い切れないほど選択肢が増えています。

今期の注目は何と言っても!「ルビーチョコレート」ですね

これはダーク、ミルク、ホワイトに続いて80年ぶりに登場したチョコレートの新カテゴリーとのこと
ルビーチョコレートは希少性があり、繊細なことからごく限られたブランドのみが扱っているとのことで、私はこのルビーチョコレートを味わってみようと、日本橋三越本店でのスイーツコレクションを訪問しました

ちなみに高級チョコのブランドで有名なゴディバのアジア第一号店が、日本橋三越本店(1972年)であることは試験に・・・
は出ないかもしれませんが、豆知識です

最初に「とらや」さんで、「羊羹 au ショコラ」を購入。パリ店限定での商品で、ラム酒と羊羹をおりまぜた和洋折衷の大人の味です。
toraya.jpg
続いて、スイーツコレクションの会場にて、ピエールマルコリーニのソフトクリームを注文。カカオの豊かなアロマと優しいストロベリーが調和する幸せの組み合わせ。
pieru.jpg
ピエールマルコリーニと言えば、今から20年以上前に当時の上司とベルギーに出張した際の思い出にまで遡ります。
当時は今ほど高級チョコレート市場なるものが国内にはなかったと思います。出張飛行機に当たっての事前スタディ(?)として「ベルギーでは、ノイハウス、ヴィタメール、デルレイなどが有名なのか(全部、今でも有名ですね)」と浅はかな知識を得ていたのですが、ベルギーでお会いした旧通○省の方が「チョコレート選手権で優勝した新進気鋭のチョコレートパティシエのお店に行きましょう」と連れていってくれたのが、「ピエールマルコリーニ」だったのです。お店には宝石のようなチョコレートもありましたが、大きい板チョコのような「ブロック」単位での販売がメインだったように思います。


続いて、本命のルビーチョコレートですが・・・狙っていたデルレイのルビーチョコを買いに行くと・・・な、なんと、
売り切れ!!! (他のブランドも軒並み売り切れていました)
希少性があるためか、高級なチョコレート群の中にあってもさらに高価なので、「流石に売り切れることはないだろう」と甘い読みをしておりました。

ルビーチョコ"のみ"のセットは売り切れていたものの、ルビーチョコが入ったセットを販売していたピーターバイヤーを購入。ベリーのようなフルーツ特有の酸味と後から来る甘みのコラボレーション。これは・・・もっと食べてみたいと思える逸品です。もう少し一般的になるには少し時間がかかるのだろうか。

peter.jpg
(他にもプレミアム麦チョコ等を購入。いろいろな味が楽しめます。国産の小麦というのも嬉しいポイント)
mugichoko.jpgこれ以外にもたくさんのブランド、バラエティ豊かな楽しみ方、味覚、視覚、嗅覚、聴覚、触覚を最大限動員する必要があるほどの趣向が凝らされており、知れば知るほど奥の深さに気づくといった程でした。


なお、チョコレートに合う珈琲として激しくお薦めするのが、同じ日本橋三越本店に入っている宮越屋珈琲の「フレンチブレンド」。
少し濃い目に煎れたフレンチブレンドを嗜みながら、チョコレートを堪能したのは言うまでもありません

 

 

築地場外・年末買い出し2019

[柴犬] 2019年1月29日 14:00

年が変わったばかりで早すぎる話題ですが、築地場外市場の年末の買い出しのご紹介です。行ってみたいけどよく分からないという方が多いそうなので、簡単ですが、現場の様子と楽しめる方法をお届けします。

P1030168.png

日にちは12/30です。売っているものは、魚介・肉・海苔・ローストビーフやケジャンや料亭御用達の栗きんとんから日用品まで盛りだくさんです。各店がオープンするのはだいたい朝5時頃なので、そのちょっと前に場外入りしてうろつきつつ各通りの勘を掴んでおくと速やかに動けます。実際の場外はそう大きくありません。そこにたくさんのお店がひしめいています。

P1030141.png

日が昇ってからは大変に混むので、早朝〜日の出までの時間帯がオススメです。売り切れの心配もありません。また、この時間帯に大勢の人で市場にいるという不思議な高揚感もあります。妖怪の夜市に来たようで楽しいです。駐車場がありますが渋滞するので、早めに着くように出発するか運転係をお願いしたほうがいいかもしれないです。

P1030152.png

買い出し以外に、イートインの楽しみももちろんあります。爆安お寿司や夜明けのラーメンなど種類豊富です。複合施設の築地魚河岸レストランフロアのオープンは朝7時です。こちらにも美味しいお店が入っています!

P1030174.png

玉子焼きのお店はどこも大繁盛の大行列ですが、予約をしていなくても早朝に行けば買えるお店はあります。並ぶ時間は10〜20分ほどです。さすが、お店の方も速やかです!100円の玉子串は普通に売っています。

P1030177.png

現在、場内は完全に閉鎖されており、中に入ることはできません。去年までは出入り自由で、東京湾に上がる日の出を場内から見ることもできました。

P1030135.png

人出が多いので混む場所が苦手な方にはオススメできませんが、早い時間に行けばそうストレスなく楽しく見て回ることができます。お買い物が終わったら、波除稲荷神社や勝鬨橋・築地本願寺などで朝日が昇るのを眺めてから帰途につくのも清々しくて良いかと思います。

P1030180.png

以上、簡単で駆け足でしたが築地場外市場の年末買い出しのご紹介でした。2019年の年末、ぜひいらして下さい。楽しいですよ!

築地場外市場公式ホームページは → こちら

 

 

 

オープンから2週間!面白い仕掛けが絶えないTSUKIJI DELI

[Hanes] 2019年1月28日 14:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
先日、今月中旬にご紹介したTSUKIJI DELI 築地路地裏店さんを再訪しました。
11日のグランドオープンから2週間...何か変化はあったのか気になっていたのですが、
なんと、「この短期間で!?」と驚くほど、充実したお店に変化していました

中央区好きさん要チェックのレア品から、ついつい皆に話したくなるニュース等、
築地をますます活気づける仕掛けと話題づくりもバッチリ
今回は、日々進化しているTSUKIJI DELI築地路地裏店さんの"今"をお伝えします!

DSC_3567.JPG

■新しいメニュー・商品が仲間入り
前回ご紹介した時から、ローストビーフおにぎりが2種類増えました。
写真にある通り、「吉岡屋 たかなづけ」、「秋山商店 まぐろぶし」が仲間入り
たかなづけやまぐろぶしとローストビーフの相性はいかに!?
前回の美味しさが記憶に残っているので、期待が高まります。

DSC_3560.JPG
(若干傾いたお写真ですみません

そして、看板の「酒粕ミルク ましろ」と「ローストビーフおにぎり(RBO)」に加え、
遠方からお越しの方にお土産としてもご購入いただける牛すじカレー味噌煮込等、
新しいメニューやお持ち帰り用お土産ギフトが続々と増えてきているようです

個人的に気になっているのが、2月4日(月)から販売開始予定の店長おすすめお得セット(毎日限定30セット)
舟皿にのった本日のおにぎり3種、豪華すぎませんか
新メニューとなる酒粕ミルクスープがどのような味わいなのか気になるとともに、
この冬チェックしたい築地のあったかメニューになるのではないかと思っています。

DSC_3559.JPG

■写真を撮りたくなる内装に
2週間でパワーアップしたのは、メニューだけではありません!
真っ白だった壁が、今では可愛らしいデザインになりました
訪問記念の写真撮影にもちょうど良いロゴや、

DSC_3565.JPG

ローストビーフおにぎりの背景にして、インスタ映えを狙いたくなるこんなものまで!

DSC_3561.JPG

今回はお店の方もお好きだとおっしゃっていた「酒粕ミルク ましろ」のごま(アイス)をいただき、
どうにかこうにか可愛い写真が撮れないか自分なりに試行錯誤した結果、
牛に酒粕ミルクを飲ませるというちょっとユニークな写真が撮れました

DSC_3563.JPG

今回いただいたごまは、香りは甘酒のようなのですが、見た目と味はごま
ポイントは、ごまの風味はありながらも、しつこすぎず飲みやすい仕上がりになっていることですかね。
上品な黒ごまプリンが飲み物になった感じで、まさに「飲むスイーツ」!
抹茶、ごま、きなこのスイーツ系は、それぞれの風味を楽しむためにも、アイスでいただくのがオススメのようです

■公式LINE
前回もご紹介させていただきましたが、公式LINEでも旬な情報が発信されています。
今なら友達登録した方にこちらのつきじ 缶バッジをプレゼント中

DSC_3558_.jpg

「あー、缶バッジね」と思われた方!実は、たかが缶バッジ、されど缶バッジな事実があるんです
なんとこの缶バッジは、築地市場がまだプロの仕入れの場だった約20年前に、一般客を呼び込むためのイベントで渡した記念品なんです
ちょっとしたレア感があってほしくなりませんか?

また、そのイベント時にはキリンキャンペーンガールとして米倉涼子さんが来ていたというのだから驚きです!
こちらの缶バッジはなくなり次第終了なので、気になる方はお早めにどうぞ
(缶バッジのデザインのつきじマークは、築地場外市場全図にも載っています。)

■ついにテレビ番組に登場
これまでに、新聞、ラジオ、オンラインニュース等で取り上げられてきたTSUKIJI DELIさんですが、
ついにテレビ番組にも登場することになったそうで、詳細は以下の通りです
2019年1月30日(水)20:15~20:43 探検バクモン(NHK)

DSC_3566.JPG

お時間のある方はぜひチェックしてみてください!

面白い工夫や取り組みが光るTSUKIJI DELIさんには、また来たくなるようなワクワク感があります。
今後の進展も楽しみで、目が離せません
アクセスや営業時間につきましては、こちらの記事をご覧ください。
また、お問い合わせは、03-6264-0063までお願いいたします。

 

 
1234567891011